トップページ » 私たちの想い

私たちの想い

わたしたち、江田建設は「未来の住環境」を考えます。

近年、日本の建築現場では、「国産木材」はわずか20%程度しか使われていません。 ではなぜ「国産木材」を使わずに「輸入木材」をしようしているのでしょうか。 その理由は「施工のやりにくさ」にあります。 輸入木材がコストが低く、加工もしやすいのに対して「国産木材」は輸入木材に比べてコストも高く、また加工をするのにも職人の技術や手間がかかり、建てた後でも木が割れたり反ったりして手入れが不可欠です。 このような理由等で国産木材は需要が減っていると考えられます。 私たちが自信を持ってご提案している「森呼吸の家」では「国産木材」をそれも「九州で生まれ育った木」から作った木材を使っています。 「スローフード」「スローライフ」が昨今話題になっていますが、私たちは家づくりでも同じ考え方をしています。 九州の風土で育った木が九州の家づくりに合わないわけがありません。 「九州の家」には「九州の木」が一番合っていると確信しています。 このホームページでもご紹介している「音響熟成木材」は九州の木で作ったとてもすばらしい木材です。 先述のように技術や手間がかかりますが、あえてこの木材を使うことに、多くの皆様にご賛同していただいております。 また私たちが「国産木材」にこだわる大きな理由は他にもあります。 国産木材の需要が少ない今、森林は放置され荒れる事によって様々な自然災害の原因になっているといわれています。 そこで「国産木材」を使えば需要が増えて、人の手が入り森林を活性化させることができます。 その結果、森林は育ち自然界の中で健全な役割を果たします。 それは水の循環であったり、土砂崩れの防止だったり我々人間の住環境にも深くかかわりのある事ばかりです。 「日本の未来を担う子どもたちに、すばらしい住環境をのこしたい!」 その為にも私たちは少しでも多くの木材を使用していきたい、また木の持つ「優しさ」「柔らかさ」を一人でも多くの人に知っていただきたいと思っています。

ページの先頭へ戻る