トップページ » 江田の家づくり » 森呼吸の家 » コンセプト

森呼吸の家

健やかな暮らしを育む
森呼吸の家
なによも大切なものは家族です。
家とは、健やかな日々を守り、育てるものではなくてはなりません。
皆さんに「本当の家づくり」をお伝えしたいのです。

それは本当に、家族のための住まいですか?
「家をリフォームしてから体調が悪い」「新築の匂いで気分が悪くなった」こんな声をよく聞きます。 住まいが原因で体調不良となるシックハウスは、建築に合理化を求めた結果の現代病といえるでしょう。 家は、家族が幸せに暮らすためにあるものです。 建てる前にもう一度、何が一番大切なのかを考えてください。
シックハウスの原因は「住まい」だけではありません。
シックハウスは、建材からでる化学物質などが原因と言われていますが、それだけではありません。 私たちが生活していく上でなくてはならないもの、たとえば家具や家電からも、化学物質が発生しているということはご存じでしょうか。 この問題を無視しては、本当に健やかな家づくりは望めません。
「森呼吸の家」は、さらに進んだ「身体にやさしい住まい」
一般的な「健康住宅」とは、ビニールクロスを和紙に変え、合板を天然木にするなどして、化学物質を抑えているものです。 しかし、その中に今まで使っていた家具や家電を入れたら「不健康住宅」に一変します。 それでは意味がありません。 「森呼吸の家」は、それよりさらに進んだ「身体にやさしい住まい」です。
健やかな心とからだを育む住まいへ。
「森呼吸の家」は、安全な建材を使用しているのはもちろん、家そのものが、家具や家電などから発生する化学物質を吸着し、分解する機能を持っています。 つまり、健やかな環境をつくりだす家なのです。 かけがえのない家族のために、本当の家づくりを目指して生まれました。
引っ越し後も健康住宅とは…?
今までの「健康住宅」は、ビニールクロスを和紙やケナフ等の呼吸する材料に変え、合板使用の新建材を天然無垢材に変えるなどして化学物質のガスを出さないようにした住宅のことを指していました。 けれども、「生活をしていく住居」として考えたときに本当に「健康」であると言い切れるでしょうか?   私たちが生活をしていく上で無くてはならないもの、例えば家具・家電・衣類、いろいろな物から様々な化学物質のガスが発生しているのです。 引っ越す際にそんな物を入れてしまうとどうなるのか・・・そう、「健康住宅」はそのガスを吸ってしまい、「不健康住宅」に一変してしまうのです。   本当の「健康住宅」にするためには「家」そのものに、家具・家電などから発生する化学物質を吸着し分解する機能を持たせる必要があるのです。 そうすることで、本当の「健康住宅」が生まれると考えています。   当社では健康と癒しの住空間を作るための三法則とし、竹炭入り「清活畳」「幻の漆喰」「音響熟成木材」の三つの商品を開発しました。 この商品をバランスよく使用することで、呼吸はもちろん、化学物質を吸着分解し、さらには清々しい空気を生み出すという快適で安全な住宅が完成しました。 これが、「引っ越し後も健康住宅」なのです!

ページの先頭へ戻る